• 今日22/18
  • 明日19/17
文字サイズ

くらしの情報「健康」(2)

14/34

埼玉県志木市

◎新型コロナウイルス感染症の状況により、イベントなどが中止・延期となる場合があります。
詳しくは、市ホームページなどをご覧ください。

■こんにちは赤ちゃん訪問事業
内容:助産師・保健師による新生児訪問、母子保健推進員による乳児訪問
対象:生後4か月までの赤ちゃんとそのご家族
※出生連絡票のハガキと、出生届出時に記入する「こんにちは赤ちゃん訪問カード」をもとに訪問します。お急ぎの人は、健康増進センターまでご連絡ください。

問合せ:健康増進センター
【電話】048-473-3811

■2回目の麻しん風しん混合(MR)ワクチン定期接種は、お済みですか?
麻しん風しん混合(MR)ワクチンの予防接種は、1回の接種では免疫が不十分となる可能性があるため、2回の接種が必要です。
今年度対象者には、4月に通知しています。まだ接種が済んでいない人は、この冬休み期間中に接種しておきましょう。
日時:3月31日(水)まで
対象:平成26年4月2日から平成27年4月1日までに生まれた人(令和3年4月に小学校へ入学するお子さん)
※麻しん及び風しんの両方にかかったことが確実な人、それぞれの予防接種を2回ずつ接種した人は対象外です。
費用等:無料
※実施期間を過ぎると、任意接種(自己負担)になりますのでご注意ください。
持ち物・必要なもの:麻しん風しん予防接種予診票
実施方法:実施期間中に実施医療機関で接種
※志木・朝霞・和光・新座市以外の医療機関で接種する場合には、手続きが必要です。事前に、健康増進センターへお問い合わせください。

問合せ:健康増進センターへ
【電話】048-473-3811

■ヘルプマークを配布しています
ヘルプマークとは、外見からわからなくても援助や配慮を必要としている皆さんが、周囲の人に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう作成したマークです。
ヘルプマークを持つことで、「援助や配慮を必要としていることを知らせる効果」や「援助や配慮に気づいてもらう効果」があります。
対象:義足や人工関節を使用している、内部障がいや難病、妊娠初期など、援助や配慮を必要としている皆さん
※障がい種別・等級、病名などによる条件はありません。
配布場所:共生社会推進課(第1庁舎)
※窓口に来ることが難しい場合は、ご相談ください。

問合せ:共生社会推進課
【電話】内線2418

■子ども医療費の助成
市では、保険診療に係る小学1年生から中学3年生までの入通院分と高校3年生までの入院分の自己負担分について、子ども医療費として助成を行っています。この事業の財源は、すべての市民の皆さまからの貴重な市税をもとに実施しています。
市税などを分納している場合や納付が滞っている場合でも、改めて納付を継続することで、助成が受けられます。詳しくは、子ども支援課へお気軽にお問い合わせください。
対象:小学1年生~高校3年生

問合せ:子ども支援課
【電話】内線2445

■国民健康保険人間ドック
市では、国民健康保険人間ドックの受診期間を3月31日(水)までとしています。年度末は大変混み合いますので、余裕をもってご予約ください。
場所:朝霞地区4市契約医療機関
対象:志木市国民健康保険被保険者(申込み時点で、国民健康保険税を完納している人)で、年度内に特定健診を受診していない人
費用等:10,000円
持ち物・必要なもの:人間ドック受診票、問診票兼診断票、国民健康保険被保険者証、自己負担金(10,000円)、特定健康診査受診券(40歳~74歳の人)
申込み:医療機関で受診日を予約してから、健康政策課(第1庁舎)または各出張所で手続き

問合せ:健康政策課
【電話】内線2464

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

       

志木市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス ーわたしの志木ー

MENU