• 今日22/18
  • 明日19/17
文字サイズ

令和3年度 市民税・県民税の各種控除が改正されます

6/34

埼玉県志木市

令和3年度(2021)以降に適用される市民税・県民税(住民税)について、主な改正事項をお知らせします。

■基礎控除の見直し
・住民税の基礎控除額が10万円引き上げられます。
改正前:33万円→改正後:43万円
・合計所得金額が2,400万円を超えると基礎控除額が段階的に引き下げられます。

■給与所得控除の見直し
・控除額が一律10万円引き下げられます。
・控除上限額及び給与所得控除額が引き下げられます。
収入上限額:改正前:1,000万円超→改正後:850万円超
給与所得控除額:改正前:220万円→改正後:195万円

■公的年金等控除の見直し
・控除額が一律10万円引き下げられます。
・公的年金等の収入額が1,000万円を超える場合の公的年金等控除について、上限が設けられました。

■扶養親族等各種の合計所得金額要件の見直し
給与所得控除・公的年金等控除の改正に伴い、扶養親族などの合計所得金額の要件などが見直されます。
・同一生計配偶者及び扶養親族の合計所得金額要件を、38万円以下から48万円以下へ
・配偶者特別控除の合計所得金額要件を、38万円超123万円以下から48万円超133万円以下へ
・勤労学生控除の合計所得金額要件を、65万円以下から75万円以下へ
※配偶者控除については、夫婦のいずれか一方のみの適用とされました。

■均等割・所得割の非課税限度額の見直し
給与所得控除・公的年金等控除の改正に伴い、均等割・所得割の非課税限度額が変更になります。

■ひとり親控除の新設
性別にかかわらず、ひとり親(本人の合計所得金額が500万円以下で、生計を一にする総所得金額等48万円以下の子を扶養)に30万円の所得控除が適用されます。

■寡婦控除の見直し
ひとり親控除の新設に伴い、寡婦控除が変更になりました。
・寡婦控除・・・合計所得金額500万円以下の要件が追加
・寡婦特別控除・・・廃止
・寡夫控除・・・廃止
※令和3年度から適用される市民税・県民税(住民税)について、詳しくは市ホームページをご覧ください。

問合せ:課税課
【電話】内線2233

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

       

志木市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス ーわたしの志木ー

MENU