• 今日27/22
  • 明日24/20
文字サイズ

個人情報を守りましょう「本人通知制度」をご利用ください

13/38

埼玉県志木市
記事本文を読み上げる

本人通知制度は、戸籍情報を含む証明書(住民票の写しや戸籍謄本など)が本人の代理人や第三者の請求により交付された場合に、事前に登録をした本人にお知らせをする制度です。
本人通知制度によって、虚偽やなりすましによる不正取得の早期発見ができ、さらには、本人通知制度が周知されることで、不正取得の未然防止にもつながります。本人通知制度を利用して、大切な個人情報を守りましょう。

■本人通知制度の流れ
(1)登録申込み(登録者→志木市役所)
(2)交付請求(交付請求者(第三者):代理人・債権者・特定事務受任者など→志木市役所)
(3)審査のうえ交付(志木市役所→交付請求者(第三者))
(4)本人通知(志木市役所→登録者)

■本人通知は、どんなときに通知されるの?
代理人や第三者に住民票の写しや戸籍謄本などを交付したとき、登録者本人または法定代理人に交付した年月日、証明書の種別、請求者の種別を記載した「志木市住民票の写し等交付通知書」を郵送します(本籍の記載がない住民票の写しや特定事務受任者の請求のうち、裁判手続などに関する証明書の交付を除きます)。
対象となる証明書:
・住民票の写し及び転出などをされた後の住民票の写し(本籍記載に限る)
・住民票記載事項証明書(本籍記載に限る)
・戸籍の附票の写し及び除かれた人の戸籍の附票の写し
・戸籍謄本及び戸籍抄本(除籍、改製前の戸籍を含む)
・戸籍記載事項証明書

■登録方法
登録できる人:志木市に住民登録をしている人または志木市に本籍がある人
※志木市から転出した人や除籍となった人を含む
登録方法:必要書類をご用意のうえ、総合窓口課(第1庁舎)、柳瀬川駅前出張所、志木市役所出張所(仮設)へ
※登録を申込みできるのは原則本人です。
※登録者本人が病気であったり、遠隔地にいるなどの理由で、申込みができない場合は、代理人または郵送による申込みが可能です。
※登録者本人が未成年者または成年被後見人の場合は、法定代理人による申込みも可能です。
必要書類:登録申込書、本人確認書類
※代理人による申込みの場合は、登録者本人及び代理人の両方の本人確認書類が必要です。
※申込者が法定代理人の場合は、戸籍謄本、そのほか法定代理人であることが証明できる書類
※申込者が法定代理人以外の代理人の場合は、登録者本人が自署した委任状
登録される日:申込みをした日の翌開庁日

◎登録申込書は紙面の志木市本人通知登録申込書をご利用ください(市ホームページからもダウンロードできます)

問合せ:総合窓口課
【電話️】内線2138

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

       

志木市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス ーわたしの志木ー

MENU