• 今日27/22
  • 明日24/20
文字サイズ

6月は環境月間です

10/38

埼玉県志木市
記事本文を読み上げる

志木市のごみ処理経費は、年間で約6億8千万円(令和元年度)、2人家族で試算すると年間で約1万8千円の負担となります。1人1日あたりのごみ排出量は、約761gとなり、平成30年度に比べ約3g増加しました。正しい分別でごみを減らし、経費節減にご協力ください。

■志木市独自の4Rを推進
市では、令和元年度から第三期環境基本計画がはじまりました。地域環境に適した施策に取り組むとともに、国の3Rにリフューズを加えた4Rを推進しています。

□Refuse(リフューズ)
市独自の取組です。ごみになるものは断ります。
マイバッグの利用を呼びかける「マイバッグキャンペーン」を6月と10月に実施しています。

□Reduce(リデュース)
ごみを減らします。
物を大切に長く使うことを心がけましょう。

□Reuse(リユース)
繰り返し使用します。
バザーやフリーマーケットなどを活用しましょう。

□Recycle(リサイクル)
再生して使用することです。
資源のリサイクル率を向上させましょう。

■リチウムイオン電池の処分方法
リチウムイオン電池による火災事故を防止するため、適切な処分をお願いします。
リチウムイオン電池単体での処分は、(一社)JBRCの協力店などで回収しています。また、リチウムイオン電池が取り外せないものについては、不燃ごみとして処分してください。

問合せ:環境推進課
【電話️】内線2313

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

       

志木市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス ーわたしの志木ー

MENU