• 今日7/3
  • 明日7/1
文字サイズ

〈特集1〉新型コロナウイルス感染症対策「大切な人の命と健康を守る」(1)

1/35

埼玉県志木市
記事本文を読み上げる

新型コロナウイルス感染症はいまだ終息を見通すことができず、ワクチン接種がはじまった今もなお、予断を許さない状況です。
今月は、志木市の新型コロナウイルス感染症の状況とともに、改めて、新型コロナウイルス感染症の対策を確認し、感染症を予防することでコロナ禍を乗り越えていきましょう。

■志木市の新型コロナウイルス感染症の感染者発生状況
市内で新型コロナウイルスに関連した症例が確認されたとき、保健所を所管していない志木市では、埼玉県の情報をもとに感染者の情報を公表しています。
志木市の感染者数は、はじめて感染事例が確認された令和2年3月から令和3年7月15日時点で641人となります。
12月と1月頃に感染者の増加が見られましたが、1月の緊急事態宣言発出後に感染者数は減少しました。しかし、5月に感染者数の増加が見られ、引き続き、感染を拡大させないための行動を心がけることが重要です。
市内の感染者の療養状況は、7月10日時点で613人が療養を終了し、12人が入院や宿泊・自宅療養を続けています。

市内の新型コロナウイルス感染症の感染者発生状況

国及び埼玉県の感染者数(7月15日時点)
国内感染者数:827,772人
埼玉県内感染者数:48,787人
※厚生労働省ホームページ、埼玉県ホームページより

■新型コロナウイルス感染予防のために
新型コロナウイルス感染症は、手洗いや咳(せき)エチケット、3つの「密」の回避などの基本的な感染症対策を実施することが重要です。自分のため、大切な人のため、一人ひとりが感染症の感染拡大を防ぐ行動を再確認しましょう。
・手洗い
水洗いではなく、石鹸(せっけん)やハンドソープを使用し、洗い残しがないように時間をかけて丁寧に洗いましょう。外出先など、すぐに手洗いができない状況では、アルコール消毒が有効です。
・咳エチケット
飛沫(ひまつ)を吸い込まない、飛ばさないために、鼻と口を確実に覆うようにマスクを着用しましょう。
マスクがないときに咳などをする場合は、服の袖やハンカチなどで口と鼻を覆いましょう。
・3つの「密」を回避
(1)換気の悪い密閉空間
(2)多数が集まる密集場所
(3)間近で会話や発声をする密接場面
クラスター発生などのリスクが高まる3つの「密」がそろう場面や環境は避けましょう。

■感染リスクが高まる「5つの場面」
新型コロナウイルス感染症は、主に飛沫感染や接触感染によって感染するため、上記の3つの「密」がそろう場面で感染リスクが高まります。その中でも、さらに感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しましょう。
・場面(1)
飲酒を伴う懇親会など
・場面(2)
大人数や長時間におよぶ飲食
・場面(3)
マスクなしでの会話
・場面(4)
狭い空間での共同生活
・場面(5)
居場所の切り替わり

▼「コロナかも」と思ったら、まずは電話で相談してください
発熱や咳、倦怠感、呼吸困難などの症状や「臭いが分からない」、「味覚がおかしい」などの症状は感染が疑わしいサインです。自分や家族が、少しでも「コロナかも」と感じたら、自己判断せず、まずはかかりつけ医やサポートセンターに電話で相談しましょう。
埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター(24時間対応):【電話】0570-783-770

■志木市のワクチン接種状況
志木市の新型コロナワクチン接種状況は、7月15日時点で、1回目の接種率が27.7%で、2回目の接種が済んでいる人は19.1%となります※。
※ワクチン接種記録システムで確認した数値です。
接種者数がシステムに反映されるまで時間を要します。

新型コロナワクチン接種状況(7月15日時点)
接種対象者(6月30日時点):68,651人
接種1回目:19,002人(27.7%)
接種2回目:13,111人(19.1%)

▼ワクチン接種予約枠制限のお知らせ
国からのワクチン供給量が減少し、志木市においても希望どおりのワクチンが届かない状況を受け、8月から予約枠を3割程度減らすこととなりました。ワクチン接種ができないことはありませんので、ご安心ください。引き続き、国のワクチン供給量に応じた迅速かつ的確なワクチン接種を進めてまいります。

問合せ:新型コロナウイルス感染症ワクチン接種支援室
【電話】048-486-2950

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

       

志木市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス ーわたしの志木ー

MENU