• 今日24/19
  • 明日27/19
文字サイズ

みんなで守ろう!たったひとつのそのいのち 9月10日~16日は自殺予防週間です

11/36

埼玉県志木市
記事本文を読み上げる

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、私たちの生活は大きく環境が変化しました。生活の不安や人との関わりの減少など、こころとからだに過大なストレスがかかる状況は、うつ病のリスクが高まります。

■こころの健康に目を向けてみましょう
うつ病の原因は、人の持つ性格的な背景や環境の変化によるストレスなど、さまざまであり誰にでも起こりうる身近な病気です。
うつ病は、薬やカウンセリングなどで症状を改善することができますので、相談機関や医療機関につながることが大切です。

□当てはまるものはありますか?
・楽しみや喜びを感じない
・何か良いことが起きても気分が晴れない
・趣味や好きなことが楽しめない
→このような状態が2週間以上続いている人は、うつ病の可能性があります

■リラックスすることも大切です
体とこころは一体です。日頃から生活リズムを整え、適度な運動や規則正しい生活習慣とバランスの良い食事を心がけましょう。また、下記のような自宅でできる簡単なリラックス方法も効果的です。

□気軽にできるリラックス方法
・ストレッチをする
・ぬるめのお湯にゆったりつかる
・親や友人など親しい人と電話で話をする
・アロマを香らせる

■ゲートキーパー~命の門番~
ゲートキーパーとは、自殺の危険を示すサインに気づき、適切に関わることのできる人をいいます。その役割は、「気づき」「傾聴」「つなぎ」「見守り」の4つです。

□あなたも今からゲートキーパー
・「変化に気づく」
家族や仲間の様子がいつもと違うときには、「どうしたの?」「大丈夫?」など、声かけが重要です。
・「耳を傾ける」
本人の気持ちを尊重して、耳を傾けましょう。
・「支援先につなげる」
自分だけでは解決できないときは、いっしょに相談窓口に行くなど、早めに専門家につなぎましょう。
・「温かく見守る」
専門家につなげた後も、温かく寄り添いながら見守りましょう。

■市の取組
8月1日(日)から15日(日)にかけて「クイズラリーで幸せマイレージを貯めよう!」を実施し、20歳未満を対象にこころの健康啓発キャンペーンを行いました。
クイズラリーの景品として、オリジナルカパル缶バッジなどの啓発品を配布しました。

問合せ:健康増進センター
【電話】048-473-3811

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

       

志木市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス ーわたしの志木ー

MENU