• 今日7/3
  • 明日7/1
文字サイズ

税の申告準備はお早めに!

8/38

埼玉県志木市
記事本文を読み上げる

■給与・年金所得者などの所得税の還付申告の受付
退職などにより年末調整ができず、所得税を納め過ぎの場合や、医療費控除、ふるさと納税などの寄附金控除、住宅借入金等特別控除を受ける人は、確定申告期間前に朝霞税務署で還付申告をすることができます。
確定申告期間中は申告会場が大変混雑しますので、分散申告にご協力をお願いします。
受付開始日:1月4日(火)
対象:給与・年金所得者など

ところ・問合せ:朝霞税務署【電話】048-467-2211
※還付申告をした場合、ふるさと納税ワンストップ特例制度は利用できませんので、寄附金控除の申告を忘れずにお願いします。
※事業所得などがある個人事業主や納税申告の人は、2月16日(水)からはじまる確定申告期間でないと申告できませんのでご注意ください。
※1月4日(火)から還付申告ができるのは、朝霞税務署のみです。2月16日(水)以前は、市役所で還付申告の受付や確定申告書の提出は一切できませんので、朝霞税務署へご提出ください。

■確定申告会場のお知らせ
受付期間:1月17日(月)~3月15日(火)(土・日曜日、祝休日を除く)
受付8時30分~16時相談開始:9時~
※2月20日(日)・27日(日)は開場

ところ・問合せ:朝霞税務署【電話】048-467-2211
注意事項:申告会場への入場には、当日配付または国税庁LINE公式アカウントから事前に取得した入場整理券が必要です。また、スマートフォンをお持ちの人は、基本的にスマートフォンで申告書を作成していただきます。

■納付済確認書の送付
令和3年1月から12月末までに支払われた国民健康保険税、後期高齢者医療保険料、介護保険料は、社会保険料として全額控除の対象となります。1月下旬に、納付済確認書を送付します。
また、後期高齢者医療保険料・介護保険料の納付済確認書は、令和3年分納付済確認書から、特別徴収(年金天引き)の分は日本年金機構などの年金保険者から「源泉徴収票」が送付されるため、記載を省略します。普通徴収での納付がない人は、納付済確認書は届かないため、各年金保険者から発送される「源泉徴収票」をお使いください。

問合せ:
・国民健康保険税…収納管理課【電話】内線2241
・後期高齢者医療保険料…保険年金課【電話】内線2470
・介護保険料…長寿応援課【電話】内線2425

■障害者控除、寝たきりの場合のおむつ代の医療費控除
□障害者控除
対象:身体障害者手帳などの交付を受けている人
※障害者手帳などの交付を受けていなくても、65歳以上の要介護認定者で、申請により次の(1)、(2)の状況であると認められる人も対象となるため、事前にお問い合わせください。
(1)身体障害者手帳の交付を受けている人と同等の障がいの程度であること
(2)療育手帳の交付を受けている人と同等の障がい(認知症の状態にある人を含む)の程度であること
※障害者手帳の交付を受けている人は、重複して控除を受けることはできません。

問合せ:長寿応援課
【電話】内線2427

□寝たきりの場合のおむつ代の医療費控除
おむつ代の医療費控除をはじめて受ける人は、医師が発行する証明書が必要です。
2回目以降の人は、当該年度に作成された介護保険の主治医意見書の中に、下記の要件をすべて満たす記載があれば、市役所から「おむつ代の医療費控除確認書」を発行することができます。
確認書が必要な場合は、事前にお問い合わせください。
要件:
・半年以上寝たきり状態であること
・尿失禁発生の可能性があること

問合せ:長寿応援課
【電話】内線2427

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

       

志木市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス ーわたしの志木ー

MENU